2009年05月01日

瑕疵担保責任問題の点からキャッシュバック住宅のメリット

例えば、普通の賃貸借契約だと、物件に雨漏りがあった場合だと、入居者が大家さんに、修理してくれといってきます。
当然、大家さんは、雨漏りに対して、修理しなくてはいけません。

ところが、キャッシュバック住宅だと、入居者が大家さんに、雨漏りするから修理してくれといったら、「こんな欠陥住宅売りやがって」となりますので、入居者は雨漏りがおきたとしてもなかなか大家さんに言いづらくなります。

それに売買契約の時に、売主が買主に対して瑕疵担保責任有りと条文に入れておけば、入居後も入居者が自分で、雨漏りの修理をしなくてはならなくなるので、どんな、オーナーチェンジ物件よりもリスクが少なくなります。家賃設定の仕方で、利回りが自由に変えられます。

あなたもキャッシュバック住宅のオーナーになってみませんか?

キャッシュバック住宅の神田


人気ブログランキングへ
posted by 収益王 at 14:00| キャッシュバック住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。