2009年04月28日

出口からみる収益不動産投資

和合実さんの「出口からみる収益不動産投資
を紹介します。

出口からみる収益不動産投資
出口からみる収益不動産投資の感想

転ばぬ先の杖


著者は関西中心でご活躍とのことでしたが、関西圏の不動産市況は低迷状況が続いていたようで(あくまで私の私見です。近年は若干持ち直しているみたいですが・・)非常に堅実な見方をされていると感じました。つまり、先が見えず低迷しているなかでも出口を見つけ確実な資産形成、利益につなげていくという点を重視されていると思いました。イケイケドンドンで良いことばかり書いてある本もありますが、良い時ばかりではないのは世の常ですので、この本は不動産投資をこれからはじめよう、という方にはお勧めの1冊だと思います。



店舗を対象とした不動産投資を勉強しようと考え、行動してみようとしているのであれば参考になります。ありがとう



不動産を買う前に是非読むべき一冊。株でも何でも、買うのは簡単であるが売るときほど難しいものはない。これを読むことによって買ってはいけないものが見えてくる。


人気ブログランキングへ
posted by 収益王 at 18:05| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。