2009年06月06日

中古物件購入とリフォーム

現在、中古のアパートが良く売られています。

私たちの会社にも良くそういう話が飛び交っています。

なぜ、せっかく建てたアパートを手放すのでしょうか?

やはり、入居率の低下が原因だと思います。

間違えないで下さい。

満室時利回りはあくまでも満室になったときの利回りであって、満室にならなければ、それだけの利益が上がらないことを・・・

じゃ、なぜ、その物件の入居率が悪いのかということを考えて下さい。
そうすればおのずと、答えが分かってきます。

考えられる原因
〇アパートの周りにに入居者が必要な分だけの駐車場が確保出来ているか?
〇需要の高い立地かどうか?(周りのアパートを調べてください)
〇家賃設定が相場とあっているかどうか?
〇エアコンの有無
〇トイレと風呂が別かどうか?
〇畳よりフローリングの方が人気が高い。
〇水周りが綺麗かどうか(流し台や洗面化粧台は変えられるなら新品にする。
〇トイレは和式便所か洋式便所かどうか?
〇風呂は綺麗か?
〇賃貸募集の不動産屋にまめにお願いしているかどうか?
〇ガスの場合、給湯器は外付けになっているか?(バランス釜はあまり人気が有りません)
〇外壁は綺麗に塗装されているかどうか?
〇玄関戸を開けたらもう一枚中が見えないように扉があるとなお良い。
〇衛星放送対応かどうか?
〇インターネット対応かどうか?
〇通路から部屋が覗かれないかどうか?
〇洗濯機を置くスペース(部屋の外より部屋の中)があるかどうか?
また洗濯物を干すスペース。
〇冬用のタイヤを置くスペースがあるかどうか?


等色々、空室になる原因を考えて解決出来るものは解決する。
それから、入居者さんや不動産屋さんの値段交渉も素直に応じるのもいいと思います。

とにかく、アパート経営は入居者を入れてなんぼの世界です。
アパートのオーナーさん、アパートのオーナーを目指している方、空室対策をしないと、アパートは負債になりますよ!

人気ブログランキングへ
posted by 収益王 at 09:34| リフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。